1-946  1-948  2-51   2-155  2-230  6-245 
1-946 名前: 名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/09/26(火) 16:03:53 [ 1aLQrBwU ]
別所に上げた歌詞ですが、先に踏まれる前に1番投下
大空魔術〜天空のグリニッジより

(0:00)
 高い高い空を
 目指せ振り向かず
 天空のグリニッジへ
 向かい飛び続け
(0:08)
 高い高い天を目指し
 ひたすらに突き進め
 羽を決して休めるな
 天の川沿いの町へ
(0:16)
 目指す空見上げて
 何を想い続けるの
(0:24)
 高い高い空を見上げ
 想い馳せるは幻想
 決して届きはしない夢想
 短い手を伸ばした
(0:32)
 空を掴もうと伸ばした手
 届かない既に解ってた
 だが夢は終わりはしない
 Greenwich of reverie

(0:40)
 歩き続けるんだ 宛のない旅路ひたすら進む
 終わりはしない夢の続き探して
(0:52)
 歩き続けるんだ 先が見えずとも
 未だ見ぬ世界を求め続け
(1:00)
 迷わず進むんだ 終わりが来ようと
 一筋の希望をこの手に収めるため
(1:08)
 前を見据えるんだ 過去を振り返ろうと
 甘い想い出に縋る事無く

(1:16)
 高い高い空を
 目指せ振り向かず
 天空のグリニッジへ
 向かい飛び続け
(1:23)
 永久(とこしえ)に想い続けた
 その空には届かない
 だけど想いは止みはしない
 Greenwich of heavenly sky
(1:32)
 見えぬ空夢見て
 何を想い続けるの
(1:40)
 高い高い空を見上げ
 想い馳せるは幻想
 決して届きはしない夢想
 短い手を伸ばした 
(1:48)
 届きはしない空を目指し
 突きつけられた現実
 その命差し出してまでも
 Greenwich of reverie

(1:56)
 夢を見続けた 見た事もない空を描いて
 何処までも続く天を探し求めて
(2:08)
 夢を抱いた 終わらぬ苦痛に
 その夢すらも崩されても
(2:16)
 夢を捨てるな 終わりが来ようと
 一筋の光をこの手で掴むため
(2:24)
 前を見据えるんだ 過去を振り返るな
 苦い記憶に挫けぬ様
(2:32)
 戦い続けろ 終わりは見えない
 孤独に散らぬよう夢は決して捨てはしない
(2:40)
 理想を追い求め 空を見続けて
 溢れた想いは雫になる
(2:48)
 夢を諦めた それは終わりではない
 紡ぐ想いに一片の空を見た
(2:56)
 夢に見続けた 空とは違えど
 空へと羽を伸ばし天へ向かう

(3:04)
 高い高い天を
 飛べ振り返らず
 高く高く羽ばたいて
 その空へ手を伸ばせよ
(3:12)
 永久に想い続けた
 その天へと羽ばたけ
 目指すは天空のグリニッジ
 思い続けた空ではない
(3:22)
 高い高い天を見据え
 想い馳せた追憶
 決して届きはせぬ過去へ
 短い手を伸ばした
(3:28)
 決して届かぬ空夢見て
 空に替わったその天
 その命差し出してまでも
 永遠に羽ばたけ


前半と後半でなんか食い違ってるのは仕様です(ノ∀`;
天は全てそらと読んでください。
英字の部分は発音しきれないかもしれないのでグリニッジかレヴァリエの発音を崩し気味に。

えぇ、そんな細かいこと以前に駄目な歌詞なのは百も承知(ry

1-948 名前: 776 投稿日: 2006/09/27(水) 08:13:31 [ k.6Icdzo ]
二番煎じでグリニッジ行きます。これで大空魔術だけ3曲目w

大空魔術 より 天空のグリニッジ
「Lunatic Greenwich」

☆今は時を忘れ 朝が来るまで踊ろう
 肩をぶつけて腰を揺らし 肌を夜風に晒して
 金のグラスで酒を交わし 銀のドレスを靡かせ
 揺れる炎にリズムまかせ 黒い瞳を濡らして

  此処は時の墓場 終わらない晩餐会

★猫の兵士と腕を組んだ 機械仕掛けの貴婦人
 軋み崩れる手足鳴らし 踊り狂って笑った
 金のメダルを貫くのは 銀のメッキの弾丸
 紅い血潮に月が染まり 悪魔が叫んだ

  死ぬのか生きるのか

○壊れた時計塔 浮かべる月影
 狂える舞踏会 (Royal Greenwich Observatory)
 昨日を追いかけて 明日から逃げて
 迷い込んだ場所は Lunatic Greenwich

●割られた窓辺には 知らない星空
 魔物が住まう場所 (Royal Greenwich Observatory)
 現実の隣へ 境界を越えて
 ようこそ時の果て Lunatic Greenwich


 既に時は死んだ 朝は来ないさ遊ぼう
 甘い言葉で耳を舐めて 乾く唇重ねて
 金のリボンで髪を留めて 銀の鏡を覗いて
 揺れる谷間に熔ける吐息 今は全てを忘れて

  欲望の螺旋は 抜け出せないカタルシス

 柱の裏で息を潜め 愛を語らうモナリザ
 昏い情熱 その身焦がし 燃え尽きながら笑った
 金の楔が縫いとどめる 銀の時計の秒針
 酒に溺れて震えながら ピエロは叫んだ

  地獄か天国か

 倒れた砂時計 欠けない満月
 捨て去られた歴史 (Royal Greenwich Observatory)
 昨日を追いかけて 明日から逃げて
 迷い込んだ場所は Lunatic Greenwich

 回らない星空 止まった地球儀
 逃げられない世界 (Royal Greenwich Observatory)
 現実の隣へ 境界を越えて
 ようこそ時の果て Lunatic Greenwich

  ○●繰り返し
  ☆★繰り返し



限界です。繰り返しで勘弁してくださいw
「roy・al Green・wich ob・serv・a・to・ry」なので
 文字数は合うはずなんだよねー。一応。



2-51 名前:名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/10/29(日) 00:13:06 [ 8ErIZxiA ]
先日「月面ツアーにようこそ」に歌詞つけた野郎です。
>>49
やっぱ合わせづらいよね…反省orz
しかし懲りずにまた大空魔術から。
「天空のグリニッジ」

(0:00)青い 空はすでに 誰かのモノだった
   広がる 星たちは 既に朽ち果てていた
   光る 太陽の 光は私には強すぎた
   何も 私の為に 輝いてはくれない

(0:16)何が本当なのか 誰も教えてくれない 誰もいない

(0:24)狭苦しい この大地で 天空を見上げてる
   地に足をつけた憐れな生き物が見上げてる
   揺れる揺れる揺らめく炎 燃え尽きて 砕け散る
   天空に想い馳せて 砕け散る

(0:40)叫べ 狂ったように

(0:44)身体が軋んでる 心が喘いでる 腕が泣き叫んで 脚が悲鳴上げる
   「モウダメ」「ユルシテヨ」「タスケテ」「コワレチャウ」
   痛みが 支配する 全てを

(1:00)壊れるほどに虐め抜いた意識で
   今こそ私は 天空へと旅立つ
   手にした羽根広げ 優雅に飛び立つ
   誰にも邪魔できない 天空へ

(1:16)青い 空は 誰も触れられない場所に
   広がる 星々も私だけに祝福を
   光る 太陽も私だけを照らしてる
   宇宙が 地上の使者を 私を受け入れる

(1:32)暗い夜空の下で願った夢は叶って 満ち足りたら

(1:40)夢を追い続けた日々よ さあ早々に幕引きを
   夢に溺れる日々よ 永久(とこしえ)に続けよ
   日々を虹に彩る 時間も七色に
   星達のワルツを私も踊ろう

(1:56)奏で 旋律を

(2:00)身体は置いて来た 飛ぶのに邪魔だった
   どれだけ足掻いても 足が付いたままだった

(2:08)心を縛ってた 鎖も振り切った
   煩わしかった 重力を

(2:16)天空へ飛び立てた それが嬉しかった
   ただ飛びたかった 他は何も要らなかった

(2:24)心が躍ってる 心が謳ってる 心が騒いでる 最上に

(2:32)天空に憧れ 天空に惹かれ 天空に焦がれて 全てがそこにあった

(2:40)誰も止められない 何も言われない 止める人はいない さあ行こう

(2:48)両手が翼だ 両足が羽根だ 両目を開いて あの大空へ羽ばたこう

(2:56)もっと高く飛んで もっと早く飛んで もっと優雅に綺麗に 飛んでゆく

(3:04)そうして飛び降りて掴んだ夢の風景
   思ったよりもずっと綺麗で華やかで素敵だ
   煌く星は私を暖かく迎え入れてくれる
   狂った世界を捨てたら道は四方に広がった

(3:20)私は飛び立ったのだ 間違った世界から
   落ちる事で得られたのだ 無上の快楽を
   後悔は欠片も無くて 命など要らなくて
   空を 夢を 見ながら落ちた ただ堕ちていった

何故か飛び降り自殺。テンション下がる歌詞だなぁ…

2-155 名前:名前が無い程度の能力 投稿日: 2006/11/24(金) 07:55:12 [ kECUohys ]
天空のグリニッジに歌詞つけて投下っと。
題して『永遠標準事』

0:00 前奏

0:16 鮮やかな漆黒 永遠にも似てるから 人を惑わす
0:24 人は有限を知っている 故に永遠を求める
0:28 時は無常でただ無情で 意思を置き去り流れる
0:32 何を残すのか遺せるのか 時は全てを流し去る
0:36 それは無形で それでも確か 未来への指針
0:40 宇宙(そら)へと至る夢

0:44 (yeah)誰もが見た夢 いつか見た夢
0:48 いくつも夜を越え しかし折れることはなく
0:52 数多の先人が 朽ち果て消え散った
0:56 僕はその想いを受け継いで

1:00 誰もが見た夢 いつか見た夢
1:04 いくつも夜を越え しかし折れることはない
1:08 僕にもきっと 叶えられない
1:12 だけどこの想いは受け継がれてゆく

1:16 遠く遥か彼方 既知の向こうを求むは
1:20 人という遺伝子に 刻まれた印章
1:24 遠くへ まだ遠くへ 貪欲に求める
1:28 高みへ至るための 避けられない咎と罪

1:32 果てしなく広がる宇宙 その向こうにさえ いつか至る
1:40 時を経ても崩れはしない 積み上げられた英知と
1:44 世代を重ね受け継がれた 遠き未知への憧れ
1:48 過去を刻む時計は狂い 針は未来を紡ぎだす
1:52 繋ぐ想いは高み目指し そして人は見る
1:56 夢は時さえ越えて

2:00 (yeah)誰もが見た夢 いつか見た夢
2:04 いくつも夜を越え しかし折れることはなく
2:08 数多の先人が 朽ち果て消え散った
2:12 僕はその想いを受け継いで

2:16 誰もが見た夢 いつか見た夢
2:20 いくつも夜を越え しかし折れることはない
2:24 僕にもきっと 叶えられない
2:26 だけどこの想いは受け継がれてゆく

2:32 誰もが見た夢 いつか見た夢
2:36 いくつも夜を越え しかし折れることはなく
2:40 誰かが いつか 叶えるのだろう
2:44 その日まで想いは受け継がれてゆく

2:48 誰もが見た夢 いつか見た夢
2:52 いくつも夜を越え けして折れることはない
2:56 人がヒトである 確かな拠り所は
3:00 永遠すら越えて受け継がれてゆく

3:04 遠く遥か彼方 既知の向こうを求むは
3:08 人という遺伝子に 刻まれた印章
3:12 遠くへ まだ遠くへ 貪欲に求める
3:16 高みへ至るための 避けられない咎と罪

3:20 長い長い旅路導く 太古からの指針は
3:24 ヒトという種族が守る 遺伝子が持つメッセージ
3:28 誰も彼もが歓喜覚ゆ 狂気さえもはらんだ
3:32 誰もが一度目にしている 甘美なる誘惑 ah……


神主繰り返し多いよ!! ……じゃなくて。
もうちょっとシャープっつーかスマートにまとまらないもんかねぇ。俺。

2-230 名前:名前が無い程度の能力 投稿日: 2007/01/16(火) 00:52:17 [ yCDJ/NRc ]
>>227が見えないが気にせず久々投稿


天空のグリニッジ


(0:00)時空 時の迷路 人を惑わすメビウス 迷い込んだら抜け出せない 終わることない幻
   だけど僕らは漕ぎ出すんだ 刻(とき)の大河の彼方へ 誰も知らない「時」を目指し 星の小船に乗りこもう

(0:16)仰ぎ見る夜空に光る星たちは告げる 時の標を

(0:24)刹那重ねて 久遠の時 空を呑みこむ迷宮 それを刻むは時計の針 零れ落ちるは星霜
   回りまわるは月と太陽 それはあたかも歯車 女神の指に繰(く)られるまま 走る機巧(からくり)
(0:40)回り続けるだけ

(0:44)歴史の墓標さえ越えゆくその先 久遠の彼方まで さあ グリニッジの導くまま
   時計の刃さえ届かぬ「時」へと 小船を走らせて どこまでも
(1:00)そしていつの日か無垢なる時間を この手で掴み取る さあ グリニッジの導くまま
   女神の支配さえ届かぬ「時」へと 心の向くままに目指すのさ

(1:16)宇宙 無限の空 虚ろ満たした海原 そこに浮かぶは星屑だけ 果ても知らない暗闇
   だけど僕らは旅立つんだ 地図に載らない天(そら)へと 見たこともない「空」を目指し 月の光路を駆けゆこう

(1:32)星座さえ幻 空を切り刻むための見えない刃

(1:40)月の光が照らす大地 なぜにこんなに寂しい? 人の歴史のエゴが生んだ 白銀(ぎん)の鎖に千切られ
   星の光が描く空は なぜにこんなに切ない? 神を畏れぬ現実主義者(リアリスト)に 楔穿たれ
(1:56)そして静けさだけ

(2:00)星座の灯台を越えゆくその先 宇宙の外延へ さあ グリニッジの導くまま
   大地の瞳さえ届かぬ「空」へと 光も追い越して どこまでも
(2:16)そしていつの日か自由な虚空に 体を委ねたい さあ グリニッジの導くまま
   まがいの光など届かぬ「空」へと 勇気のある限り翔けるのさ

(2:32)誰かのものである世界はいらない 僕だけの世界へ さあ グリニッジの導くまま
   果て無き旅の果て 全てに換えても 時間も空間も手にしたい
(2:48)そして僕の手で世界を染めたい 歪んだ願望を さあ グリニッジの導くまま
   僕だけのリズムで時間を刻んで 僕だけのラインで空を裂いて

(3:04)地球 母なる星 宇宙漂う方舟 僕ら導くグリニッジは高く雄雄しくそびえて
   僕に勇気を与えている 旅へ僕らを導く そして野蛮な開拓へと僕の心を掻き立てる

(3:20)時の大河の向こう側に久遠の彼方求めて 虚ろな空の海の果てに無限の彼方求めて
   舟はどこまでも進んでゆく 終わり知らない冒険 そうさ すべてはグリニッジの導くままに

長っ!!というかおっそろしく時間がかかった(1ヶ月くらい)。おかげで一貫性に欠けるかも…



6-245 ◆WrQEk/AVK2:2010/07/28(水) 16:11:17 ID:sClvAGbE0
大空魔術 〜 Magical Astronomyより 天空のグリニッジ

0:01 御伽のお話を ひとつ聞かせてあげましょう
0:05 それはそれは遠い昔 まだ空が無かった頃
0:09 一人の旅人が力 尽きて地に臥しました
0:13 仰向けの視界に映る 一筋の光を見たそうで

0:17 単なる幻か 手を伸ばせば掴めるのか
0:24 答えは闇の中

0:25 夜な夜な星と空を見上げ 思いを馳せるのでしょう
0:29 何万年も前からそう 変わらない星図へと
0:33 望遠鏡のフォーカスを ずらしても変わらないの
0:37 どうしてってここが全て 大空の中心だから

0:41 "話の続きを"ですって?

0:45 あの光が眼に映るときには
0:49 もう息絶えている星が多いそうよ
0:53 逆に言うなら星が生まれるときには
0:57 私達は生きていないのかもね
1:01 "死んだら人はお星様になるはずだ"って?
1:05 まだあんな御伽噺を信じている人が居たなんて…
1:09 いい?人は死んだらまた人に成るの
1:13 どうしてってそれが昔からの罪

1:17 眼を覚ますとそこは 眩い光の中だった
1:21 妖しくもありあたたかな 温もりを感じる場所
1:25 そのとき旅人は思いました "私は死んだのか"と
1:29 虚ろな視界に映る 大きな何かに包まれて

1:33 白日の夢か それとも現実なのか
1:41 答えは闇の中

1:42 御伽噺はこれで終わり さあ早く眠りなさいな
1:46 明日もまた人は同じ道を 進む必要があるから
1:50 望遠鏡のフォーカスを ずらしても変わらないの
1:54 どうしてってそれが全て "人間"の全てだから

1:58 "まだ眠れない"ですって?

2:02 仕方が無いわね温かい格好をしなさい
2:06 テラスの戸を開け徐に星空を眺める
2:10 ほら私の言うとおりに星を結びなさい
2:14 そんな訝しげな顔をしなくてもいいじゃない?
2:18 プロオキン・シリウスそれとアルタイル…
2:22 ほら、ね大きな三角形が出来たでしょう
2:26 そんな驚かなくてもいいのに
2:30 まだまだ色々あるからほらおいで

2:34 シリウス・プロオキン・ポルックス・カストル
2:38 カペラ・アルデバラン・リゲル…ほらダイヤモンド
2:42 マルカブ・シェアト・アルゲニブ・アルフェラッツ
2:46 何の形に見える?そうね、四辺形ね
2:50 ベガ・アルタイル・デネブ…、あら知っていたの?
2:54 ご存知、こっちも大きな三角形ね
2:58 ドゥーベ・メラク・フェグダ・メグレズ・アリオト
3:02 ミザール・ベネトナシュ…"北斗七星"って言うのよ

3:06 御伽のお話を ひとつ聞かせてあげましょう
3:10 それはそれは遠い昔 まだ空が無かった頃
3:14 一人の旅人が力 尽きて地に臥しました
3:18 仰向けの視界に映る 一筋の光を見たそうで
3:22 夜な夜な星と空を見上げ 思いを馳せるのでしょう
3:26 何万年も前からそう 変わらない星図へと
3:30 望遠鏡のフォーカスを ずらしても変わらないの
3:34 やっと眠りに付いたのね… また明日、ね
(終)

…長いorz
黙読でどうぞ

inserted by FC2 system